2006年12月07日

海外の日本食レストランは?

日本の農水省は来年度から、海外で2万店を超える日本食レストランの認証制度を導入します。
欧米を中心に、和食とはかけ離れたメニューを出す店が急増しているためで、“正しい日本食”の基準など、具体案は来年2月にまとめるということです。

たとえば、アメリカ・カリフォルニア州には3000店に上る日本食レストランがありますが、日本人、日系人による経営はほんの1割程度で、大半が韓国系や中国系なのだそうです。

みそをお湯で割っただけの“みそスープ”、うどんにギョーザなど、日中韓のメニューが交ざっていたり、何を食べても味付けが中華風、韓国風なんてのは、よくある話らしいです。
インスタントラーメンにとんかつをのせたり、“きつねラーメン”なんてメニューもあるそうで…、それでいてバカ高いとか。

他にも、しゃぶしゃぶの肉がステーキみたいに厚切りとか、エビフライとしか思えない“てんぷら”に、バナナのフリッターが付いてきたり。

アメリカに限らずヨーロッパやアジアでも、ロンドンで食べた“湯豆腐”は、なぜかカレー風味、みたらし団子みたいに甘かったパリの“照り焼き”、白身魚のぶつ切りの上にパクチーがてんこ盛りの“刺し盛り”などなど。

これを日本食と誤解している外国人は多いかも…。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: エビフライエビフライ(海老フライ)は、エビ|海老を用いた揚げる|揚げ物料理の一種。日本発祥の、代表的な洋食料理である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu..
Weblog: 日本食っていいね♪
Tracked: 2007-12-07 04:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。