2007年07月19日

「段ボール肉まん」は、やらせ報道

北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これをスクープ報道した「北京テレビ」は、18日夜のニュース番組の中で、“やらせ報道”だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪しました。

中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めました。
しかし、中国の首都のテレビ局による“ねつ造”と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうです。

調査の結果、テレビ局のアルバイトが、ひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。
自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかったということです。

北京テレビの“特ダネ報道”では、「露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた」という内容でした。

警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、“やらせ”が判明。
警察は、このアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束しています。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。