2007年07月27日

フィギュアの織田 飲酒運転

男子フィギュアスケートの織田信成選手(20)が27日、酒を飲んでミニバイクで帰宅中、大阪府警高槻署の飲酒検問で摘発されました。
同署は道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検するということです。

日本スケート連盟は、処分を検討する方針で、織田選手は28日に長野県で開かれるアイスショー出演を自粛します。

織田選手は、26日午後8時から約2時間半、大阪市北区のサウナでビールをジョッキで2杯と焼酎の水割り1杯を飲んだようです。
大阪府高槻市の自宅に帰る途中だった27日午前0時45分ごろ、JR高槻駅近くで飲酒検問を受け、呼気1リットル中0.3ミリグラムのアルコールが検出されたそうです。

織田選手は、7歳で本格的に競技を始め、2005年世界ジュニア選手権優勝。
戦国武将・織田信長の末えいとしても知られています。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。