2007年08月08日

銚子電鉄に桃鉄の貧乏神石像

経営難で廃線の危機に陥っている千葉県の銚子電鉄を“貧乏から救おう”と、ハドソンの人気ゲーム「桃太郎電鉄」シリーズのキャラクター「貧乏神」の頭にサル、イヌ、トリ(キジ)を乗せた三種類の石像が設置され、人気を集めているようです。
石像の前で記念撮影したり、おさい銭を入れていく人もいるそうです。

石像は、それぞれ高さが約60センチ。
「貧乏が去る」「貧乏が居ぬ(いない)」「貧乏を取り」という意味を込めて、「しあわせ三像」と命名。
仲ノ駅、犬吠駅、笠上黒生駅に設置されました。
石像の制作・設置費用はハドソンが負担したということです。

銚子鉄道は、千葉県銚子市内の銚子〜外川間約6.4キロで営業している私鉄ローカル線。
年間乗客数がピーク時の1976年から半減し、国土交通省関東運輸局の2006年10月の定例監査で、腐食などを理由に枕木約1500本の取り換えなどを指示されるなど、経営危機に陥っていました。
しかし、市民ら有志のサポータークラブが結成されたことなどをきっかけに、支援活動が本格化。

ハドソンは、支援活動として4月から「桃太郎電鉄」のラッピング電車を運行しています。
銚子電鉄によると、ゴールデンウィーク中の乗客数は昨年の倍に増えるなど、盛り上がっているそうです。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鉄を集める
Excerpt: 生体由来物質に細菌や真菌(特にカビ類)が取り付き、その物質を消化吸収して侵食する状態を腐食とよぶことがある。細菌や真菌が増殖し置換されて行くので、外見あるいは構造が損なわれる。通常は外部に分泌された酵..
Weblog: 鉄を集める
Tracked: 2007-08-12 10:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。