2007年08月16日

プレスリー大邸宅にファン7万人

“ロックンロールの王様”エルビス・プレスリーが死去してから16日で丸30年。
42歳で波乱に満ちた華麗な人生を閉じたアメリカ・テネシー州メンフィスにある大邸宅「グレースランド」には、命日を挟む約1週間だけで7万人以上のファンが来訪すると予想されています。
プレスリーは、10億枚以上のレコード、CD売り上げを誇っています。

日本国内でも、プレスリー没後30年を記念して16日、ベスト盤CDが発売されたほか、切手シートの予約も始まりました。

切手シートは、ライブの一場面などさまざまな時期の写真を配した80円の10枚セットです。
受注生産で、16日から9月30日まで、全国の郵便局に置かれた専用の申込用紙で受け付けされます。

発売されたベスト盤CDは、「エルヴィス〜ベスト・ヒッツ・イン・ジャパン」。
「ブルー・ハワイ」や「この胸のときめきを」など、日本人に人気のある作品を中心に29曲が収録されています。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。