2007年08月19日

「白い恋人」ネットオークションで

賞味期限改ざん問題で販売停止中の北海道土産の代表格「白い恋人」が、ネットオークション上で高値で取引されているそうです。
製造元の石屋製菓が工場の操業停止、全商品回収の措置を取り、商品が店頭から一斉に消えたため、“プレミア化”したものと見られています。

インターネットの「ヤフーオークション」上で、渦中のスイーツ「白い恋人」が相次いで出品されているようです。
18日夕方までに定価1260円の24枚入りの商品に4400円、945円の18枚入りに3400円の入札があったとか。
商品説明には、「入手困難」の文字が躍り、中には定価の4倍近い値がつくなど、大半は定価を上回る金額がついていたといいます。

「白い恋人」は、賞味期限の改ざんが問題視されたものの、健康被害も報告されていないことから、出品者は手元の商品を気軽に出品したとみられています。
落札者に気遣ってか、賞味期限の日付を写真で公開しているものもあったとか。

「白い恋人」は北海道内限定販売の商品で、北海道以外の店頭で購入するには、各地の百貨店で開催される物産展や都心にある北海道のアンテナショップでの期間限定販売の機会を待つしかなく、入手は簡単ではありません。
そこに今回の問題が発覚。
「白い恋人」の名前が連日露出し、販売停止や全商品回収の動きが重なり、便乗商売が出る環境は十分だったようです。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。