2007年08月22日

Windows XP搭載PCの生産 2008年1月31日で終了

マイクロソフトの発表によると、「Windows XP」の正規OEMライセンスの提供を2008年1月31日に終了するということです。
これに伴い、パソコンメーカー各社からのWindows XP搭載パソコンの生産も同日をもって終了するそうです。

なお、Windows Vistaを「ダウングレード」することで、XPは引き続き利用可能です。

OEM版は2008年1月31日で終了ですが、Windows XPのOEM 正規販売代理店ライセンス(DSP版)は、2009年1月31日まで提供されるとのことなので、入手自体は可能です。
つまり、最初からXPがインストールされているパソコンが無くなるということです。

Vistaが入ってるけどXPをインストールしても良いわけで、ちゃんと電話でダウングレードしましたって言ってもらえれば、ライセンス認証されるということです。
なお、XPにダウングレードしても、Vistaに戻すことはもちろん可能です。
posted by み〜 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。