2007年09月25日

星野ジャパンの応援歌が完成

北京五輪出場を目指す野球日本代表の公式応援ソング「無限の風」が完成し、25日発表されました。

作詞・作曲は、広島ファンとして知られる歌手の奥田民生。

東京都内であった会見には、奥田と星野仙一監督が出席しました。
奥田は、「野球はチームプレーだけど、瞬間、瞬間に孤独みたいなものが多いスポーツ」と、曲のイメージを説明。
星野監督は、「嵐も逆風もある。それを打ち破れという励ましを感じる。練習中、グラウンドで応援ソングを流したい」と話しました。

一方、日本代表候補選手の選考について星野監督は、26日に編成会議を開き、40人程度に絞り込む考えを示しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57195596

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。